食生活から改善する花粉症対策をご紹介!

2月も中頃になるとぼちぼち花粉症の季節になります。
既に、鼻のムズムズしたり目がかゆくなっている方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

本日は、食生活から改善する花粉症対策をご紹介します・・・

1.花粉症以外にも良い事づくしの「ポリフェノール」!
ポリフェノールには、がんの予防や動脈硬化防止だけでなく、
アンチエイジングや肌荒れ改善など
美容にも良い言われ一躍有名になりました。

そんな美容健康の代名詞、「ポリフェノール」は
なんと花粉症にも効果があることが分かっています。

トマトやレンコンなどの野菜、イチゴやみかんのような柑橘類
飲み物でしたら赤ワインやコーヒーなど
実は多くの食べ物にポリフェノールは含まれています。
体質・好みにあったものを試してみてください。

2.ビタミンで花粉症にも負けない身体作りを!
ビタミンは、普段の食生活でも意識したり
栄養ドリンクにも多く含まれている栄養素です。

特に、ビタミンA,Cには目や鼻の粘膜の機能を正常に保つ働きがあります。
ビタミンAはレバー・たまご・乳製品に多く含まれます。

ビタミンCは緑黄色野菜や柑橘類でたくさん摂取できるのはご存知ですよね。

ビタミンを摂取する際の調理のポイントは、大きく切ること。

空気に触れて酸化しやすく水に溶けやすいビタミンCは
細かく切りすぎるとそれだけ流出する量が増えますので
サラダで食べるよりは、スムージーやスープなどで
無駄なく栄養を吸収出来るように心掛けましょう。

3.油が花粉症を促進させる!
揚げ物や炒めもので多く使用する油には、
花粉症の進行を早める効果があります。

一般的な食用油以外にオリーブオイルにも
花粉症を促進させる不飽和脂肪酸が多く含まれていますので、
この時期の食事は注意してください。

また、バターやラードなどの動物性油は
飽和脂肪酸という別の栄養素となりますので、
あまり気にしなくても問題ないかと思います。

ただし、不飽和脂肪酸はカラダに必要な栄養素でもありますので、
適度な食事が大切です。

「花粉症対策は食生活から!」まとめ
薬や病院に頼る前に、まずは普段の食生活で
花粉症が改善するように心がけましょう・・・

それから、ストレスなどの心的なものが原因の時もありますので
「またこの季節がやってきた」と、ネガティブにならずに
美味しい食事で花粉症が気にならない体を作りましょう!

薩摩なた豆爽風茶公式サイト


bokin_boy_girl
熊本地震義援金ご協力はコチラからお願いします!

 

敏感肌・乾燥肌こだわりで選ぶオススメランキング!

敏感肌や乾燥肌に適したケアコスメを選ぶといっても・・・

「本当に自分の肌に合うのか、まずはお試しで!」

「質はいいんだけど、こんなに高いんじゃ続けられない!」

「無添加って言ってるけど、本当に安全なの?」

「原材料や成分が、わからなくて不安!」

 

結局「どんな商品を選べばいいのかわからない」といった方のため、口コミやお試し価格、成分などこれだけは押さえておきたいこだわりポイントをランキングしてみましたので、ケアコスメ選びの参考にしてみてください!

総合ランキングお試しランキング人気ランキング効果ランキング