1まず、脂性肌とはなにかについてですが・・・

人の肌は、分泌される皮脂と汗が混ざり合って

皮脂の膜を作りますが、この膜で外部の刺激から肌を守り

角質がはがれるのを防ぐ役目をしています。

ですが、この皮脂の分泌量が適正な量を超えると

脂性肌の原因となります。

肌はもともと、適正な状態に保つ機能がありますが

コレが何らかの原因により、皮脂を分泌する皮脂腺が

刺激され過剰分泌され脂性肌となります。

この脂性肌となる原因は、様々で例えば思春期の場合などは

活発な性ホルモンが皮脂腺を刺激することで、皮脂の分泌が

盛んになっているケースで、10代では多く見られる

脂性肌のケースです。

また、成人に見られる脂性肌の原因は多岐にわたり

体質など人それぞれに原因が考えられますので

個々の原因に合わせた対処法が必要となります。

脂性肌の対処方法!

2 間違ったスキンケア

思春期の肌は、ターンオーバーの周期が20日と短く回復力がありますが、20代を過ぎるとターンオーバー周期が長くなり回復が遅くなるため、年齢に合わないスキンケアをすると逆に皮脂の分泌量が増えて、脂性肌が余計にひどくなることがあります。

偏った食生活

偏った食生活により、皮脂の分泌を適正にコントロールする栄養素が不足しやすくなり、皮脂の分泌を促す食事をすることで脂性肌の原因となります。

乱れた生活習慣

偏った食生活の他にも、睡眠不足ストレス喫煙などの生活習慣の乱れにより脂性肌を悪化させる原因となります。

ホルモンバランスの崩れ

特に、女性は生理前にホルモンバランスが崩れ肌が脂っぽくなりますが、脂性肌を促すホルモンは男性ホルモンと生理前に分泌される黄体ホルモンに分けられます。

このホルモンバランスの崩れも、脂性肌を悪化させる原因の1つですね。

間違ったスキンケア

間違ったスキンケアの方法として、大きいのが「過度な洗顔」と「刺激の強すぎる洗顔」です。

肌のバリア機能は角質層の細胞間脂質やNMF、それから角質の表面を覆う皮脂膜から構成されていますが、強い洗顔剤を使うとこれらが流出してしまいバリアを機能が低下します。

失われたバリア機能は、1日たつと回復しますが1日に複数回強い洗顔を行うことにより、肌がダメージを受けたままとなります。

また、角質層は摩擦に弱く洗顔時に肌をこすってしまうとバリア機能の低下の原因になりますので、気をつけましょう。

洗顔時に、このような事を注意するだけでも充分脂性肌は改善されますので皆さんも是非、実行してみてください。
「脂性肌でお悩みの方必見!スキンケア対処方法教えます。」まとめ
これは乾燥肌や敏感肌など肌トラブルに悩んでいる方すべてに言えることですが、まず乱れた食生活や生活習慣を正すことで、人間が本来持っている自然治癒能力がリセットされます。

その後、正しいスキンケアを行うことで脂性肌は改善されますので、皆さんも是非実践してみてくださいね!

敏感肌・乾燥肌こだわりで選ぶオススメランキング!

敏感肌や乾燥肌に適したケアコスメを選ぶといっても・・・

「本当に自分の肌に合うのか、まずはお試しで!」

「質はいいんだけど、こんなに高いんじゃ続けられない!」

「無添加って言ってるけど、本当に安全なの?」

「原材料や成分が、わからなくて不安!」

 

結局「どんな商品を選べばいいのかわからない」といった方のため、口コミやお試し価格、成分などこれだけは押さえておきたいこだわりポイントをランキングしてみましたので、ケアコスメ選びの参考にしてみてください!

総合ランキングお試しランキング人気ランキング効果ランキング