3 美肌を作るためには、化粧水や乳液やクリームなど

保湿やスキンケアも大切ですが実は、間違ったクレンジングを

してしまうと化粧水や乳液などの効果も台無しです。

今回は、クレンジングの種類や正しいクレンジングの

方法を見ていきましょう。

クレンジングの目的とは!

1 メイクが肌に残ると、肌のオーバーターンを妨げシミやしわの原因となり肌の老化も早める結果となります。
ですので、クレンジングでメイクをしっかり落としてしまう必要があります。

ですが、クレンジングを行うと肌から雑菌を守る皮脂まで一緒に落としてしまい、クレンジングをやり過ぎてしまうと肌の乾燥や肌トラブルを引き起こしてしまいますので、正しいクレンジングが大切です。

クレンジングの種類はどんなのがあるの?

一般的にクレンジングといえば、オイルタイプジェルタイプが多いようですが
最近では、コットンで使用するローションタイプやお手軽なシートタイプ
クレンジングがドラックストアなどで見られるようになってきました。
それぞれの特徴は以下のとおりです。

1.オイルタイプ
洗浄力が高く、メイクがよく落ちるため多くの人に使用されている
クレンジングですが、オイルが肌に残りやすく洗顔時にゴシゴシやり過ぎて
乾燥肌を作ってしまうことが多々ありますので注意が必要です。

2.ジェル、クリームタイプ
肌への刺激は少ないですが、オイルタイプに比べて洗浄力が低くメイクが
落ちにくいことが多いため、何度もゴシゴシやってしまい肌を痛めやすいですので
クレンジングの時には注意しましょう!

3.ローションタイプ
コットンに含ませて使用するものですが、最初からローションを含ませた
シートタイプのものもあります。とてもお手軽で便利なクレンジングですが
エタノールなど肌への刺激が強い成分も含まれていますので、敏感肌の方や
肌の弱い方が使用する際には注意が必要です。

肌を傷めないクレンジング方法とは!

クレンジングで肌を傷めないようにする、クレンジングの使い分けが大切です。

例えば、ローションタイプのクレンジングをコットンに含ませ目の周辺のマスカラやアイライナーが溶けるまで時間をおいて軽く水で流すようにする。

また、いつもより薄いメイクをした時のクレンジングはオイルタイプではなくジェルやミルクタイプを使用する。

このように、その日のメイクや肌の状態によりクレンジングタイプを変えたりメイクの部分により使い分けをすることにより、肌への負担を減らし肌を傷めないようなクレンジンができます。

クレンジングの後の洗顔も大切!

1 クレンジング後の肌はとても無防備な状態ですので、洗顔料をよく泡立てきめ細かな泡で洗顔することで、肌に指が直接触れることなく肌への摩擦を防ぎ負担を最小限に抑えることができます。

顔の皮膚はとても薄く敏感で、コットンの摩擦でも傷つきやすいですので間違ってもゴシゴシと洗わないようにしましょう!

また、洗顔後のすすぎ湯は熱すぎると皮脂を落としすぎて乾燥の原因となり温度が低い湯や冷水などでは、汚れが浮きにくく毛穴の汚れが落ちませんので、すすぎ湯の温度は32度くらいが適温ですね。
「美肌はクレンジングで決まる?!正しいクレンジングの方法とは!」まとめ
メイク後のクレンジングはとても大切なもので、メイクを落とさず寝てしまうと一晩で3歳も肌が老化するとも言われています。

特に、ファンデーションを放置しておくと汗や皮脂と混ざり合い活性酸素が活発化してしまい肌が、過酸化脂質へと変化しターンオーバーが上手くいかず肌の老化を促進させてしまいます。

どうしても、クレンジングの時間が摂れない時はシートタイプのものでもよいですので、必ず就寝前にメイクを落とすようにしましょう!

 

オススメのクレンジングセットはコチラ!

あきゅらいず効果と人気の秘密とは!

アクアフォース効果と人気の秘密とは!

 

bokin_boy_girl
熊本地震義援金ご協力はコチラからお願いします!

 

敏感肌・乾燥肌こだわりで選ぶオススメランキング!

敏感肌や乾燥肌に適したケアコスメを選ぶといっても・・・

「本当に自分の肌に合うのか、まずはお試しで!」

「質はいいんだけど、こんなに高いんじゃ続けられない!」

「無添加って言ってるけど、本当に安全なの?」

「原材料や成分が、わからなくて不安!」

 

結局「どんな商品を選べばいいのかわからない」といった方のため、口コミやお試し価格、成分などこれだけは押さえておきたいこだわりポイントをランキングしてみましたので、ケアコスメ選びの参考にしてみてください!

総合ランキングお試しランキング人気ランキング効果ランキング