1 美肌といえば、美しい肌ということですが美しい肌とは何でしょう?

それはシワやシミ、ニキビなどがなくて

肌が整っている事だと思います。

では、肌が整っているとはどういうことでしょうか?

よく「キメの細かい肌」といった表現をしますが

このキメの細かさが肌が整っていると言う

ことではないでしょうか・・・

ということで、今回は「キメの細かい肌」になるには

どうしたら良いのかを見ていきたいと思います。

そもそも肌のキメとは?

2 肌の表面には、皮溝(ひこう)と呼ばれる無数の溝と皮丘(ひきゅう)と呼ばれる、皮膚の盛り上がりがありますが皮丘は三角形の形をしていてこの、三角形が小さく規則正しく並んでいる肌を「キメが細かい」といいます。

キメが細かい肌は、毛穴も小さく目立たずに肌の表面もツルツルした状態です。

また、皮膚表面が非常に多くの光を取り込み反射しているので肌が光り輝き透明感もあります。

キメが粗い原因とは?

キメの粗さは人によって違うものですが、気温や湿度・紫外線など外的なものやストレスなどの内的なダメージによって影響を受けます。

その中でも最もダメージが大きいのが乾燥で、水分をタップリ含んでいる皮丘は、ふっくらとしていてハリもありますが皮丘の水分が少なくなると、たるみしぼんでしまいます。

このように、お肌が乾燥してしまうと皮膚のザラつきや毛穴が目立ちハリやツヤがなくなってしまい、小じわなども増えてきます。

また、皮丘の大きさがバラバラになり光の反射が少なく肌もくすんで見え、メイクなどもノリが悪くなります。

キメを整えるには?

1.充分な保湿
とにかく、乾燥が一番の大敵ですので化粧水で水分補給をし、乳液やクリームで保湿をして乾燥を防ぎましょう。

2.正しい生活習慣
乱れた食生活や睡眠不足になると、肌の働きが悪くなりターンオーバーが遅れがちになり肌が荒れた状態になりますので、バランスの取れた食生活と睡眠を充分に取るようにしましょう。

3.紫外線対策
ターンオーバーを遅らせる原因の1つに紫外線があります。
紫外線を浴びることで、ターンオーバーの周期が乱れてしまい新陳代謝が遅れて角質が古いままになったり、逆にターンオーバーが早まったりしてキメが粗くなったりします。

紫外線からお肌を守るため、美白効果の高い化粧品を使用したり洗顔化粧品などで、古くなった角質を除去しましょう。
「美肌といえば、美しい肌ということですが美しい肌とは何でしょう?」まとめ
結局、美肌を保つためには乾燥が一番の大敵ということで、とにかく乾燥を防ぐ事が一番のポイントのようですね・・・
そのためには、しっかりとした保湿をしてバランスの取れた食事や睡眠を充分に取ることです。
また、紫外線による影響も大きいようですので、注意しましょう!

敏感肌・乾燥肌こだわりで選ぶオススメランキング!

敏感肌や乾燥肌に適したケアコスメを選ぶといっても・・・

「本当に自分の肌に合うのか、まずはお試しで!」

「質はいいんだけど、こんなに高いんじゃ続けられない!」

「無添加って言ってるけど、本当に安全なの?」

「原材料や成分が、わからなくて不安!」

 

結局「どんな商品を選べばいいのかわからない」といった方のため、口コミやお試し価格、成分などこれだけは押さえておきたいこだわりポイントをランキングしてみましたので、ケアコスメ選びの参考にしてみてください!

総合ランキングお試しランキング人気ランキング効果ランキング