1 ジメジメした梅雨が過ぎると

今度はジットリとした暑い季節がやってきます。

汗などでベタつきやす夏は

肌にとっても厳しい季節で

特に僅かな紫外線が命取りになりかねません。

今回は、ダメージを溜め込みやすい夏肌を

上手く乗り切るためにどうしたらよいかを見ていきましょう。

夏肌のダメージとは?

夏はどんなにしっかりしたUVメイクをしても、汗などでファンデーションが崩れてしまい、うっかり日焼け肌に!

また、わずかな紫外線でも繰り返し浴びていると紫外線の侵入を防ぐために角質が厚くなり、せっかくの化粧水もうるおいが角質層まで浸透してくれません。

それから、エアコンの効いた部屋で長時間すごすことが多くなり、表面はベタベタ内側はカラカラのインナードライ肌になってしまいます。

夏肌スキンケアのポイントとは?

1 夏肌のために特に注意したいのが、潤いのための肌作りと古い角質の除去です。

まず潤いのための肌作りですが、化粧水をつける時にコットンで丁寧にパッティングすることにより肌がキュッと引き締まり毛穴が目立たず、手で塗るよりも潤いがキープできます。

それから、古い角質の除去についてですが古い角質が肌に残っていると肌の透明感がなくなり、ごわつくような感じになります。

古い角質を除去するには、フルーツ酸(AHA)などが配合された化粧水をコットンに含ませ優しく拭き取ることで、古い角質や余分な角質を簡単に除去できます。

夏肌スキンケアにはコットンを上手く利用しよう!

潤いのための肌作りと古い角質の除去にはコットン選びがポイントです。

まず、古い角質を除去するためのコットンは拭きとり専用の肌への摩擦を抑えるコットンを選ぶことが大切です。

拭きとり専用のコットンは繊維が細かく、なめらかで毛羽立ちにくく肌への刺激が最も少ないため、古い角質を除去するのに適しています。

また、化粧水でパッティングする場合のコットンは化粧水が浸透しやすいコットンが適しています。

化粧水をタップリと浸透させ保持できるコットンは、弱い力でも潤い成分を肌に浸透させてくれるようですね。
「今からはじめよう!夏肌作りのポイントとは?!」まとめ
今までコットンなんてどれでも同じと思って、使い分けていなかった人は是非コットンの使い比べをしてみてください。

例えば、「シルコットふきとりコットン」は普通のコットンの3分の1という太さの極細繊維が肌に密着し、拭き取りの際なでるような感じで余分な角質や汚れをスムーズに落としてくれますし、「シルコットうるうるコットン」はコットンの中にあるスポンジのようなパフが化粧水を漏らさずキープし、いつもの半分の化粧水で肌をしっとりうるおわせてくれます。

シルコットふきとりコットン


シルコットうるうるコットン


 

bokin_boy_girl
熊本地震義援金ご協力はコチラからお願いします!

 

敏感肌・乾燥肌こだわりで選ぶオススメランキング!

敏感肌や乾燥肌に適したケアコスメを選ぶといっても・・・

「本当に自分の肌に合うのか、まずはお試しで!」

「質はいいんだけど、こんなに高いんじゃ続けられない!」

「無添加って言ってるけど、本当に安全なの?」

「原材料や成分が、わからなくて不安!」

 

結局「どんな商品を選べばいいのかわからない」といった方のため、口コミやお試し価格、成分などこれだけは押さえておきたいこだわりポイントをランキングしてみましたので、ケアコスメ選びの参考にしてみてください!

総合ランキングお試しランキング人気ランキング効果ランキング