1ひとまとめに美白化粧品といっても、シミやソバカス

黒ずみなど、人によって求める効果は違います。

また、美白効果の高い成分といえば、アルブチンや

ビタミンC誘導体などですが、こういった成分が

配合されていれば、安心ということで化粧品を選ぶのではなく

その働きや、シミができるメカニズムを知ることも

美白化粧品選びには、大切ですね。

今回は、シミのできる原因や美白成分について正しく理解し

かしこい美白化粧品の、選び方をご紹介します。

美白成分の役割!

皮膚は紫外線などの刺激を受けると、ダメージを回避するためメラニンを作りますが、このメラニンがシミの原因となります。

しかし、このメラニンは紫外線から肌を守る日傘のようなものでDNAを壊さないための、大切な防御反応です。

このメラニンによって、作られた肌のシミはターンオーバーの働きで消えてしましますが、加齢などの原因によりターンオーバーが機能せずシミが消えないことがあります。

このような消えないシミを消したり、色素沈着を緩和するためにサポートするのが、美白成分ということです。

美白成分の働き!

美白成分には、次の3つの働きがあります。
1.メラニン情報伝達の遮断
紫外線などの外的刺激を受けると、メラニンを作ると言う情報を遮断します。
2.メラニン生成の抑制
メラニン生成の元となる、チロシナーゼと呼ばれる酵素を抑制しシミの原因を根本から防ぎます。
3.メラニン色素の緩和
ターンオーバーとともに、角質層まで押し上げられてシミとなるメラニン色素を還元し、シミを薄くします。

美白成分をチェック!

1 美白効果の高い化粧品を選ぶためには、成分の働きをチェックすることが大切です。

まず、美白成分としてよく使用されているのがビタミンC誘導体ですがこの成分は、メラニンの生成を抑えて情報伝達の遮断や色素の緩和などさまざまな美白効果があり、肌に刺激が少なく安全性の高い成分です。

次にアルブチンですが、コケモモや西洋梨などの植物の葉に含まれている成分で、チロシナーゼを抑えメラニン生成を抑制します。
また、天然由来の成分ですので安全性にも優れています。

その他、トラネキサム酸は医薬品としてもよく用いられている成分でメラニン色素を緩和し、肝斑などにもよく用いられます。

また、ハイドロキノンもメラニン色素を抑制する成分として使用されていますが、美白効果が高すぎる成分ですので配合量に注意する必要があり、美白効果が強くなってしまうとメラニンの生成を抑制しすぎて、紫外線からのダメージを受けやすく余計にシミを作る結果になり、場合によっては皮膚がんになる事もありますので、ハイドロキノンを配合している化粧品を選ぶ場合は、医師が監修しているものをオススメします。
「シミ・ソバカスに効果の高い美白化粧品の選び方!」まとめ
やはり、美白効果を期待して化粧品を選ぶならビタミンC誘導体がイイようですね。

特に浸透型ビタミンC誘導体(APPS)は、即効性や浸透性に優れていて低刺激で肌にも優しいようです。

美白化粧品では、ハイドロキノンを配合しているものも多いようですが刺激が強いようですので、購入の際には配合量に注意が必要ということでしょうか?!

敏感肌・乾燥肌こだわりで選ぶオススメランキング!

敏感肌や乾燥肌に適したケアコスメを選ぶといっても・・・

「本当に自分の肌に合うのか、まずはお試しで!」

「質はいいんだけど、こんなに高いんじゃ続けられない!」

「無添加って言ってるけど、本当に安全なの?」

「原材料や成分が、わからなくて不安!」

 

結局「どんな商品を選べばいいのかわからない」といった方のため、口コミやお試し価格、成分などこれだけは押さえておきたいこだわりポイントをランキングしてみましたので、ケアコスメ選びの参考にしてみてください!

総合ランキングお試しランキング人気ランキング効果ランキング