4シミができるのは、体質や生活環境など

様々な要因がありますが屋外で

紫外線に当たる時間が多い人や

屋外でのスポーツをする人など

紫外線に起因していることが多いようです。

今回は、シミが出来やすい人の特徴や対処法をご紹介します。

シミができやすい人の特徴とは?

1.シミができやすい人の習慣的特徴
シミは生活習慣や環境によってできやすい人やできにくい人がありますが
特に、屋外にいる時間が長い人や睡眠不足、糖分を摂り過ぎるのもシミが
できやすい要因となります。

2.シミができやすい人の体質的特徴
まず、肌が白い人は紫外線を浴びるとメラニンが作られやすいためシミが
できやすくなります。

それから、乾燥肌の人や血行不良の人はターンオーバーが不規則になり
古い角質が溜まりやすくシミができやすいようですね。

3.サプリメント
抗酸化作用のある食べ物が摂れない場合は、L-システインやアスコルビン酸などの
メラニンの生成を抑えることのできるサプリメントを、継続して摂取することを
オススメします。

4.スキンケア
食生活や生活習慣の他に、日頃のスキンケアをしっかり行うことが大切で
特にシミのできやすい人は、ビタミンCやビタミンAなどの皮膚の調子を整え
皮膚細胞の再生を促す働きのある成分を多く含む化粧品を使用することを
オススメします。

また、日頃から日焼け止めクリームを使用し肌の露出も控えましょう!
「シミができやすい人とできにくい人何が違うの?」まとめ
日頃のケアや食生活なども大切ですが、お手入れのし過ぎにも注意が必要です。
例えば、普段洗顔後にタオルで強く顔を拭きすぎると「摩擦黒皮症」といった
シミができやすくなります。

また、下着や衣服で肌に直接触れるもので細胞がダメージを受けメラニンを取り込む
細胞が溜まってしまうことでシミが肌に定着してしまうこともあります。

シミがどうしても改善できない場合は、クリニックなどの専門家に相談するのも
一つの手段です。
自分のシミのタイプをしっかりと見極めて、適した改善方法を選ぶようにするのが
ベストですね!

bokin_boy_girl
熊本地震義援金ご協力はコチラからお願いします!

 

敏感肌・乾燥肌こだわりで選ぶオススメランキング!

敏感肌や乾燥肌に適したケアコスメを選ぶといっても・・・

「本当に自分の肌に合うのか、まずはお試しで!」

「質はいいんだけど、こんなに高いんじゃ続けられない!」

「無添加って言ってるけど、本当に安全なの?」

「原材料や成分が、わからなくて不安!」

 

結局「どんな商品を選べばいいのかわからない」といった方のため、口コミやお試し価格、成分などこれだけは押さえておきたいこだわりポイントをランキングしてみましたので、ケアコスメ選びの参考にしてみてください!

総合ランキングお試しランキング人気ランキング効果ランキング