1 スキンケア用品はオーガニック系を

使っている方も多いようですが

メイク用品までオーガニック系にこだわる人は

意外に少ない気がします。

今回は、メイク用品にもオーガニック系を使う

メリットを見ていきましょう。

そもそもオーガニックコスメってどんなの?

1 外国ではオーガニックコスメについての基準が厳しく定められていて、その基準をクリアしなければオーガニックとして認証されません

ですが、日本ではオーガニックコスメについての明確な基準は定められていません。
一般的には、無農薬有機栽培された植物成分が配合されているものであれば、オーガニックコスメと呼ばれています。

また、敏感肌や乾燥肌など肌トラブルの刺激とならないような化学成分を含まない天然由来の製品が多いようです。

オーガニックコスメのメリットとは?

2 一般的にメイク用品は、肌への負担よりも使用感や発色などを重視して、石油由来の合成成分などが配合されたものが多いです。

しかし、石油由来のものを多く使用しているものは肌アレルギーの原因となったりリキッドファンデーションなどには、合成界面活性剤も多く使用されていますので、肌荒れなどを引き起こしたりします。

ですので、肌につけている時間が長いメイク用品こそ肌への負担を考えて選ぶことが大切ですね!

まず、ファンデーションを選ぶ場合は合成成分を含まない、オーガニック中心で作られたものを使用すると気になる部分をカバーしつつ肌の保護もできます。

また、フェイスパウダー合成ポリマーなどの合成成分主体のものではなく、天然ミネラルなどのオーガニック主体のものを使うと良いでしょう。

コンシーラーアイメイクなどにもオーガニック商品がありますので、そちらを選ぶことをオススメします。

合成成分を使用したものは、色落ちしにくくて便利に感じますがクレンジングの時には肌への負担がより一層かかるということも覚えておいてください。

また、オーガニックの記載があっても合成成分が含まれている事もありますので、オーガニックコスメを選ぶときには成分表示などをしっかり確認しておきましょう。

オーガニックコスメでもUV対策はできる?

1 メイク用品といえば、UV対策は欠かせないものでオキシベンゾンエチルヘキシルトリアゾンの様な石油由来の合成成分である紫外線吸収剤を含むものが多いですが、オーガニックのメイク用品には、紫外線吸収剤の代わりに紫外線散乱剤が使用されているものが多いようです。

この、紫外線散乱剤は肌表面で紫外線を物理的に反射させて肌を紫外線から守る成分ですので、科学反応を起こすことがなく肌に負担がかかりません。

酸化亜鉛酸化チタンなどが紫外線散乱剤の成分ですので、購入の際は成分表をしっかり確認しておきましょう。
bokin_boy_girl
熊本地震義援金ご協力はコチラからお願いします!

 

敏感肌・乾燥肌こだわりで選ぶオススメランキング!

敏感肌や乾燥肌に適したケアコスメを選ぶといっても・・・

「本当に自分の肌に合うのか、まずはお試しで!」

「質はいいんだけど、こんなに高いんじゃ続けられない!」

「無添加って言ってるけど、本当に安全なの?」

「原材料や成分が、わからなくて不安!」

 

結局「どんな商品を選べばいいのかわからない」といった方のため、口コミやお試し価格、成分などこれだけは押さえておきたいこだわりポイントをランキングしてみましたので、ケアコスメ選びの参考にしてみてください!

総合ランキングお試しランキング人気ランキング効果ランキング