1 前回は、「肌のハリ」「シミ・そばかす」

「美白」「ニキビ」などの肌トラブルと

栄養のバランスをご紹介しましたが

今回は、紫外線や乾燥から肌を守るために

どんな栄養が効果的なのかを見ていきましょう。

紫外線や乾燥から肌を守る!
紫外線や乾燥などの外的刺激から、肌を守ることは年中欠かせないと言う方も多いと思いますが・・・

では、どのようにして外的刺激から肌を守ればよいのかをご紹介します。

紫外線から肌を守る!

紫外線にさらされた肌組織は、活性酸素のダメージを回避しようとしメラニン色素を肌組織に沈着させ保護する働きがありますが、その働きがシミの原因となり美白を妨げます。

また、肌組織に紫外線を晒さなければシミはできませんが紫外線を浴びることにより、体内にビタミンDなどを合成するという重要な働きがありますので、完全にシャットアウトすることは出来ません。

そこで、メラニンの分解を促進する栄養やメラニンの合成を助ける酵素の活性化を阻害する、栄養や成分などが注目されます。

シミを作らないための栄養や成分は、「ビタミンC、E」「葉酸」「亜鉛」「カテキン」「フコキサンチン」「ポリフェノール」「グルタチオン」などです。

乾燥から肌を守る!

2 肌の乾燥を防ぐためには、肌組織内の水分の蒸発を防ぐことです。

そのためには、肌のバリア機能を保ち細胞間をつなぎ整列させる「セラミド(Nアシルスフィンゴシン)」やヒアルロン酸の元となる「Nアセチルグルコサミン」などの栄養や成分が重要です。

また、「ビタミンC、E」が含まれる野菜や果物、「オメガ3系脂肪酸」が含まれる魚などを摂ることも大切ですね!
「アンチエイジングと美肌づくりと乾燥と!続きです。」まとめ
紫外線や乾燥から肌を守るためには紫外線を浴びる機会を少なくし、シミを作らないための栄養を取ることが大切ですね。

また、ターンオーバーに関わる「タンパク質」「亜鉛」「ビタミンB群」などを含む食品を摂取し、糖分などは摂り過ぎるとコラーゲンの働きを妨げますので、炭水化物などを摂取する前に野菜などの食物繊維などを摂ることも必要です。

それから、オイリー肌の方は肌の炎症を抑える魚油やαリノレン酸といったオメガ3系脂肪酸を含む食品を摂取するのが効果的みたいですね。

敏感肌・乾燥肌こだわりで選ぶオススメランキング!

敏感肌や乾燥肌に適したケアコスメを選ぶといっても・・・

「本当に自分の肌に合うのか、まずはお試しで!」

「質はいいんだけど、こんなに高いんじゃ続けられない!」

「無添加って言ってるけど、本当に安全なの?」

「原材料や成分が、わからなくて不安!」

 

結局「どんな商品を選べばいいのかわからない」といった方のため、口コミやお試し価格、成分などこれだけは押さえておきたいこだわりポイントをランキングしてみましたので、ケアコスメ選びの参考にしてみてください!

総合ランキングお試しランキング人気ランキング効果ランキング